健康的な食事の為の「お米」

近年は、糖質(炭水化物)制限ブーム。ダイエットするなら「お米」は避けるべき食材だと思っている方も多いかもしれませんね。

カロリーとは、炭水化物・たんぱく質・脂質で構成されていて、どれが一つの摂取が減ると、他の割合が増えていくことになります。

例えば、ダイエットのためにごはんを抜いて、サラダとお肉を食べるとします。これで全体のカロリーが減ったとしても、お肉とサラダにかけるドレッシングなどで、脂質の割合が多い食事の摂り方になります。脂質も必要な栄養素の一つですが、カロリーの内訳で脂質の割合が多いと、カロリーを蓄積しやすくなると言われています。

ごはんの場合、ほとんどが炭水化物で脂質は少ないので、他の食材と合わせやすく、食事のバランスがとりやすくなります。更に、ごはんは腹持ちが良いので、適量のおかずと一緒にしっかり食べれば、お腹がいっぱいになるため、脂質の多い食材を食べすぎたり、過剰に甘いものが欲しくなったりしにくくなるんですね。つまり、健康的な食事ができるというわけです。

結局、026F-018s1ごはんを食べなくなって食事のバランスが変化すると、他の食材をたべてしまうこととなり、肥満の原因の一因となる可能性があるのです。